Amazonのオススメ

2011年05月08日

ひとはムーンライダーズについて語る

なにやら初回のマイク・オールドフィールドについて書いた回が好評らしいのです。
何に(誰に)好評なのかというと、Googleで「ブログ マイク・オールドフィールド」で検索すると、このブログがトップに来てしまう始末。始末とか言うな。
そんな訳で、今回も音楽系で行きます。

多分、日本に現存する最古のロックバンドであり、私が一番好きなバンドであるムーンライダーズについて書こうと思います。
長くなるぞ
まあ、長くなるのが予想されるので年代別に書こう。今回は1970年代ね…と思ってたんだけど書き始めてみたらあれよあれよと長文になってしまったので今回はおおまかにメンバーの紹介と略歴について書いた所でおしまいでございます。

まず、ムーンライダーズ自体を知らない人が多い感じがものすごくする。メンバー紹介から。

  • ギター&ボーカル:鈴木慶一(鈴木兄)
  • ギター:椎名和夫→白井良明(りょーめい)(←唯一のメンバーチェンジ)
  • ベース:鈴木博文(鈴木弟)
  • キーボード:岡田徹
  • ドラムス:橿渕哲郎→かしぶち哲郎(←名字をひらがな表記に変更)
  • ヴァイオリン:武川雅寛(通称:くじらさん)
※椎名和夫氏は1stアルバムのみの参加で、2nd以降いませんので、最初からいなかった事にします

さて、このメンバー6人何がすごいのか。まず、全員作詞作曲編曲が出来ます。もちろん全員ソロアルバムも出してます。
バンド内での役割(ギターとか)を一応書きましたが、割と臨機応変に替わったりします。特にヴァイオリニストのはずの武川氏のライブでの八面六臂っぷりはすごい。さらに、トランペットは吹く、繊細なボーカルを歌う、かぐや姫の「神田川」のヴァイオリンパートを弾く、加藤登紀子のツアーメンバーとして参加して移動中にハイジャックに合うなどエラい騒ぎです。いや、最後のは本当にムーンライダーズ最大の危機だったと聞きますが。
「懐かしのあの歌この歌」的な番組でかぐや姫が出演していたら、バックでヴァイオリンを弾いているのはかなりの確率で武川氏でしょう。

  • 鈴木慶一。ムーンライダーズのリーダー、ソロアルバム多数、映画音楽東京ゴッドファーザーズ座頭市(北野武監督の方)』ゲゲゲの女房あたりが有名かと)を担当、映画に出演、CMにも出演、音楽プロデュース多数、ファミコンの「MOTHER」スーファミの「MOTHER2」の音楽担当(「MOTHER」の名曲「エイト・メロディース」で教科書にも掲載される)、高橋幸宏氏とデュオ「ビートニクス」で活動、ソロでのアルバムヘイト船長とラヴ航海士でレコード大賞優秀アルバム賞受賞(このアルバム発売時のライブ、最高でした!DVD出ないかな)、「今の君はピカピカに光って〜♪」、「きいてアロエリーナ♪」、列挙してて思ったのだがなんでこんなスゲー人がリーダーやってるのにムーンライダーズは売れないのか
  • 白井良明。ウルトラサイバーギタリストとして名を馳せる、ソロアルバム3枚、映画音楽担当『20世紀少年』など)、プロデュース業も……さっき書いたような。トリプルネックのエレキギターを作り「ギターギドラ」と名づけるなど、なんか私と趣味が合いそうな気がする
  • 鈴木博文。ソロアルバム多数、著書も多数、そのせいか2chのスレでは「引きこもり」「ニート」などと呼ばれてたり(まあ、実家を改造して「湾岸スタジオ」というスタジオにしてますから)。メトロトロン・レコード(←音が出ます)の社主として、Twitterでの書き込みが多いUstreamで唐突にリハーサルを兼ねたソロライブを始める事も。なお、博文氏は声と作曲した歌に特徴があり過ぎるので、初見で「あ、鈴木弟だ」と気づく事が多かったりする
  • 岡田徹。プリンセス・プリンセス(プロデュース)、クラッシュ・バンディクー(テーマソングの作曲)、「じょん! プレイステーション」、イヴの時間音楽担当、ドコモダケのうた。どれか一個は必ず誰でも耳にしているはず
  • かしぶち哲郎。この項目長くなるよ。俺のイチオシ。それだけにこの人の紹介を釣りバカ日誌5〜10』の音楽担当という紹介から始めなければいけないのがちょっとツラインダ。しかしライダーズ周辺の中ではアグネス・チャンのバックバンド時代と並んで一番知られている仕事でもあるので。アニメでは機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争が有名かと。私も見ました。嘘だといってよ、バーニィ!!それはさておき。著書としてロックドラムの教則本出してます。もちろん持ってます。ソロアルバムも多数発表。『fin 〜めぐり逢い〜』がすげえ好き。ムーンライダーズのベストとして鈴木慶一氏の「SINGS MOONRDERS」(←これは元アルバムのままの曲+新曲一曲)、鈴木博文氏の「SINGS MOONRIDERS(←こっちは再録)に続いて、「かしぶち哲郎SONG BOOK」を発売。ちなみに新曲ではないけどオリジナルアルバムではインスト曲だった「CLINIKA」という曲のボーカルバージョンが入ってたりする。ライダーズファンは基本すべてのオリジナルアルバムを持っていると思うので、こういう売り方はちょっとアレなのだが……というか、そろそろシングルベストを出す気は無いのかムーンライダーズ。権利が散らばってて大変なのは分かるのだが
うむ、後半(←前半もだ)、主観が入り過ぎですね……

略歴
'70s

  • 1976年、鈴木慶一名義で発売予定だった火の玉ボーイワーナー・パイオニア(当時))が、手違いで「鈴木慶一とムーンライダー」名義で発売される。手違い、しかも誤字(本当はライダーではなくライダー)という波乱に満ちた形でデビュー
  • 1977年、やっと正式なデビューアルバム『MOON RIDERS』クラウン)が発売。収録順は出来上がった物をTrack1から詰めていくという方法だったそうな
  • 同年、ギターが白井良名に交代(白井氏が「僕だけ1年遅れで20周年です」などと発言するのはこのため)
  • 同年、2ndイスタンブール・マンボ(クラウン)発売。江利チエミのトリビュート・アルバムに「ウスクダラ」「イスタンブール・マンボ」を提供したところ、没になって戻ってきたので、それを元にして作ったアルバムだとか
  • 1978年、3rd『NOUVELLES VAGUES(ヌーベル・バーグ)』(クラウン)発売。これも歌が出来た順に収録しているらしい
  • 1979年、4th『MODERN MUSIC』(クラウン)発売。今では考えられない速度でアルバム作ってますね、'70年代……
'80s
  • 1980年、5thCAMERA EGAL STYLO(カメラ=万年筆)(クラウン)発売。ライダーズの映画熱が加速。曲名はすべて映画のタイトル。しかも、ヌーベル・バーグ時代の作品、フランス・イタリア・イギリスの作品がほとんどというマニアックぶり。第三の男くらいしか観た事無いですよ私……
  • この頃、クラウンからジャパンレコード(当時)に移籍
  • 1982年、6th……と呼ぶのかどうかで議論になる作品MANIA MANIERA(ジャパンレコード)を完成、発売しようとしたところ会社側からクレーム(「こんなもの売れない」とか)があり、ライダーズ側が「じゃあ売らない」とばかりに断ったという逸話。年末にCDでのみ発売を許可したものの、当時のCDプレイヤーは高級機器でありまだほとんど普及していなかった。恨みは深いようで、LPレコードが発売されたのは1986年、しかも別会社から
  • 同年、7th…なのか6thアルバムなのか青空百景(ジャパンレコード)発売。レコーディングは『MANIA MANIERA』発売中止決定から一週間後にはもう始めていたとのこと。再生して最初に聞こえるのは、「ハエが飛んでる音」…うーむ
  • この頃、ジャパンレコードからRVC(当時)に移籍
  • 1984年、8thAmateur Academy(RVC)発売。曲タイトルがアルファベットの略称と数字だけで一貫されているのが特徴
  • この頃、RVCからキャニオン・レコード(当時)へ移籍。高橋幸宏と鈴木慶一で「T.E.N.T.」レーベルを設立。移籍、多くなってまいりました
  • 1985年、9thANIMAL INDEX(キャニオン)発売。テーマはタイトル通り「動物」。実際に聴いてみると、コジツケにしか思えない曲もあったりする(この曲動物出てこないなーと思ったら「犬歯」だったりとか)。このアルバムからLP/CDが同時発売となる
  • 1986年、10thDON'T TRUST OVER THIRTY(キャニオン)発売。蛭子能収作詞の曲(←リンク先はニコニコ動画)が収められている恐ろしいアルバム(←ぇ? 名盤です
  • この後5年に渡り長期活動休止。『DON'T TRUST OVER THIRTY』&10周年ライブツアーの疲れが溜まりまくったとか、病気してたとか、ソロ活動してたとか色々あった模様。ファミコンの「MOTHER」もこの時期ですね
'90s
  • 1991年、11th最後の晩餐東芝EMI(当時))発売……レコード会社、移籍してますな。このアルバムからLPは無くなり、CDのみの発売となる。アルバム自体はライダーズファンの多くが少なくともベスト5には入れるであろう超名盤。必聴。ウィハブケイーチィー!ウィハブトォルー!ウィハブヒロブミィー!リオミィー、クジラアーンドカシィブチィー!イッツザムウゥウゥウゥウンライダァーズ!!(チャッチャー
  • 1992年、12thA.O.R.(東芝EMI)発売。アルバム名は「アダルト・オンリー・ロックンロール」の略
  • その後3年間音沙汰なし、この間にレコード会社も東芝EMIからFun House(当時)に移籍
  • 1995年、武道館でライブをやるぞ!的な事をいきなり言い出す。ファンの反応はさまざまだったと思うが、多くは「スゲーなあ、無理だけど」だったんじゃないかと勝手に考えてみる。その後?頓挫したに決まってるじゃないですか…
  • 同年、この一年の計画みたいなのを発表。まずカバーアルバム、次にセルフカバーアルバム、最後にニューアルバム出しますというもの。信じてなかったけどちゃんと年内に3枚とも出てビックリ(←ファン?
  • 同年、3枚出す計画の1枚目『B.Y.G. High School Basement 1』(Fun House)発売。ミニアルバムでしかもカバーだけど、意外とジャンルが多岐に渡っていて聴き応えがある
  • 同年6月21日、ムーンライダーズ最大の危機と言われる全日空857便ハイジャック事件が発生。加藤登紀子のバックバンドの一員だった武川氏が巻き込まれた
  • 同年、3枚出す計画の2枚目『Le Cafe de la Plage』(Fun House)発売。同じくミニアルバム。で、ムーンライダーズの過去曲を自らカバー。タイトル(日本語で「海の家」)通り、南国風というか、ノンキな感じのアレンジが多い。一部の曲は歌詞も変更している
  • 同年、3枚出す計画の3枚目にして13th『ムーンライダーズの夜』(Fun House)発売。発売前の仮タイトルは『In The Dead of Night』。Track1〜2に「PRELUDE TO HIJACKER」「帰還〜ただいま〜」という、ハイジャック事件について触れた歌が入っている。ライブツアーでは武川氏が「ただいま」と呟くところで客席から「おかえり〜!!」と答えるシーンもあった
  • 1996年、14th『Bizarre Music For You』(Fun House)発売。20周年記念という事で、曲は14曲だがTrackは20まであり、Track15〜19は無音、Track20にはちょっとしたオマケが入っている
  • この頃、Fun Houseからキューン・ソニー(当時)に移籍
  • 1998年、15th『月面讃歌』(キューン)発売。ライダーズのメンバーが作詞作曲録音までした歌のアレンジを他人に任せるという、どう表現していいのか良く分からない作成方法を取っている
  • この頃、キューン・ソニーから、古巣のワーナー・ミュージック内レーベルのDream Machineに移籍
  • 1999年、16th『dis-covered』(Dream Machine)発売。前作『月面賛歌』を自分たちでリアレンジし直したもの
'00s
  • 2000年、何故かDream MachineではなくJoy Rideからミニアルバム『Six Musician on Their Way to the Last Exit』20周年ライブアルバム『a touch of fullmoon shows in the night』を発売
  • 2001年、17thDire morons TRIBUNE発売(Dream Machine)発売。「Dire morons」はMOONRIDERSのアナグラム。好きですね、こーゆーの
  • 2004年、遂に安住の地となる(といいなあ)Moonriders Recordsを設立。もちろんDream Machineから移籍
  • 2005年、18thP.W Babies Paperback(Moonriders Records)発売。鈴木兄弟の父親、鈴木昭生氏が「スペースエイジのバラッド」にナレーションで参加(昭生氏は元々『トワイライト・ゾーン』のナレーションの吹き替えをしていた)
  • 2006年、19th『MOONOVER the ROSEBUD』(Moonriders Records)発売。
  • 2009年、20thTokyo7(Moonriders Records)発売
……予想はしてたけど長かったなー。
2004年過ぎてやっと落ち着いてきた感じですが、とてもOver 50, 60のオヤジ達のバンドとは思えない活動っぷりですね。

次回は'70年代のアルバムを詳しく見ていきます。三日坊主にならないように頑張ろう。うむ。



posted by DrivenSander at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

弱虫ペダル(1〜16巻)/渡辺航

えー。ムーンライダーズの70年代編をお送りする予定でしたが、今の自分の気分にビシッ!とキちまったマンガを読んでしまったので、予定を変更してそちらの作品の感想に代えさせて頂きます。
友人から既刊16冊をドッカと渡された訳ですが、まさか数時間で読み終わってしまうとは思いもしませんでした……早く!続き続き!!

私が音楽や楽器、怪獣映画、などとならんで「趣味」といえる物にロードバイクがあります。ま、楽器や映画はとりあえず置いといて、ロードバイクの話を少々。
自分でロードバイクに乗るのも良いですが、せっかくだから世界一ロードに乗るのが上手い奴らのレースも観賞します。日本ではスカパー等で観賞できるJ SPORTSという大変ありがたいテレビ局があるので、J SPORTS 1, 2, ESPN, PLUSを契約します。これはもはや日本のロード好きの常識と言えましょう。

ちなみに、この5月は世界三大ツール(グランツール)の1つ「ジロ・デ・イタリア」が開催中でございます。私は見ていません。何故か!? いや、スカパー料金未払いで見られないだけなんですけどね……うおお、すげえ見てえようー!
三大ツールのもう2つは7月の「ツール・ド・フランス」、8〜9月の「ブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン)」。この三大レースはJ SPORTSで生放送されます。

もっとも「三大」と言ってみた所で、世界一のレースはツール・ド・フランスと決定しておりますので、生放送のレベルも桁違いです。ジロやブエルタは各ステージのコースを半分以上過ぎたあたりから始まってゴールするまでの放送ですので、100km以上コースが残っている事はそうそうありません。
しかし、ツールは別格ですので、基本スタートからゴールまでを生放送。もちろんチーム・選手も世界最速の方々が集まっています。ツールのスゴ味、分かって頂けましたでしょうか?

で、これはバンド演奏の映像や、マンガ・アニメで楽器が出てくるシーンなどを見ている時にもついやってしまう私の癖なんですが、曲そっちのけでギター・ベースのブランドの確認をしてしまうんですね。

…とかなんとか、まあ、そういう事を考えている訳ですが、これがロードバイクでもやってしまうんですよね。

私が見るロードレースはチーム対抗である事がほとんどなので、チームはほぼ全員フレームやパーツ、ホイールにヘルメット、同じ物を使う事になっています(コンタドールの様な例外も稀にいますが……)
見やすくて分かりやすいのはいいんですが、色んなブランド・ビルダーの製品を見てみたい私の様な機材フェチ(←見るだけだが)にはちと物足りんのです。

で!そこ行くとこのマンガ(そうだ、ロードマンガの感想だった)に出てくるフレームビルダーの多い事多い事。良くもまあバッティングする事も無く、これだけのビルダーを登場させたもんだなあと思います。
まず主人公が名無しのママチャリ、そしてビルダー不明のクロモリフレーム。良い!すげえ良い!!
総北高校は今泉がSCOTT、なかなかシブい選択。鳴子はPinarello、実は金持ちだろお前! 杉本は……COLNAGOだとぉ!?間違い無く成金。2年 手嶋はCannondale、MTBかと思うほどゴツいんだよな、このメーカーは… 青八木は……コラテック?知らないなこれ。金城主将はTREK、好きなキャラだから同じTREK乗りでちょっと嬉しい。田所はSpecialized、USA製はカタいイメージあるからちょうど良いかも。私のイチオシキャラである所の巻島はTIME…うーん、タイムかぁ。まあ、TIMEとLOOKはカーボンフレームで知られてるし、あの走法にはカーボンのしなりが必須だしねw フランス製ってのもイメージに合ってるな。

箱根学園。真波はLOOK、やはりカーボンでフランス製か…ところでメガネの委員長に追っかけ回されるてるの、正直羨ましいです(←ロード関係無い)。福富主将はGIANT、えーと…身体がデカいから? 荒北はBianchi、お前白人か!?(←そうじゃねえ)しかし、黄色い魔術を使う楽団がいる国における一介のYELLOW MONKEYと致しましては、どーもビアンキ(イタリア語で「白色・白人」)のイメージってそそられないんだよなあ。どうでもいいですか。そうですよね。巻島のライバルの東堂はRIDLEY、正直印象が無い(汗 新開はServelo、くそう!おかねもちめ!!(←こればっかっすな…) 筋肉野郎泉田はBH……これも印象ないな。泉田はむしろ筋肉に「アンディ」「フランク」って名前付けてるところに大爆笑しました。好きなんだろうなあ、シュレク兄弟。
箱根学園のキャラは個人個人の物語を背負ってるヤツが多くて好きですね。主将、東堂、新開のエピソードは話に深みが出て良いですね。「アブ アブ アブ アブ」が物語かどうかはちと、こう、なんかアレですが(汗

京都伏見。俺このチームっつーか御堂筋キライー!いやまあ、そういうキャラなんだから仕方ないんだけども。でもキライ。コイツの乗ってるDE ROSAに乗る事は一生無いでしょう。いや、コルナゴもピナレロもサーベロも乗るチャンスは無さそうですが。
石垣はANCHOR、おお日本車。後のメンバーは不明(汗 まあ、ザク扱いされてるしなあ……

そいえば何年か前に、ガンダムをモチーフにした折り畳み自転車と、ザクをモチーフにしたMTBがありましたね>1年戦争が蘇る!? バンダイがガンダムとザクの自転車を販売
このZAKU-IIのMTBが近所のコンビニに止めてあった事がありまして、塗装がザク色とかジオンのエンブレム付いてるとかだけじゃなくて、アウターワイヤーがザクの動力パイプを模した形状になっていたりと、かなりこだわって作られたご様子。ガンダムと自転車、双方に対する愛情が感じられましたね。

ところで、このマンガの著者さんであるところの渡辺さんは、フレーム素材について極めてシンプルに分かりやすく、重い順に クロモリ>アルミ>カーボン と書かれていましたが、現在の技術はハンパでは無い様で、超薄いクロモリやアルミのパイプを使用したフレームの軽量っぷりは尋常ではないようです。なにしろ限界まで金属を薄くしているモンだから、体重制限があるという。しかも80kg制限とかならまだ理解出来る物の、70kg制限、60kg制限まであるという。60kg制限のフレームで組んだロードバイクに乗れる人は、日本人の成人男性ではかなり限られそうですな。プロの女性用?
あとは、フレームが凹んだり、凹んだところにガムテープを貼って引っぺがすと直るほど薄いとか、毎日乗ると壊れるから決戦用フレームとしてしか使用禁止とか、様々なフレームが作られているようです。

私のイチオシ(持ってないけど)はチタンフレーム。しかもそれを塗装せずにシルバーカラーのまま、ロゴマークだけ入れて使ってみたいですね。ちなみにチタンはクロモリの半分の重量で、同程度の頑丈さが得られるそうですよ。チタンフレームで有名なのはLightspeedなどですが、フレームが太いのがちょっとなあ。一昔前にPinarelloの姉妹ブランドであるOperaが製造していた、細いチタンパイプでホリゾンタルに組み上げられた完成車……あれは美しかったなあ。廃盤になっちゃったみたいですけどね…

私が実際に持ってるのはTREKの「んー、まあ許せるかな」という程度の太さのアルミフレーム・クロモリフォークのロードバイクです。まあ、実売6万円では文句は言えまい。分からない人もいると思いますが、普通6万円でロードバイクは買えません。近所のショップの閉店特価だったから、閉店後はメンテのやり方も分からないし、タイヤ交換ひとつにもずいぶん苦労したものです。
本当は極細クロモリフレームの、ちょっとレトロなロードバイクが好みなんですよね。だから『弱虫ペダル』の主人公がクロモリフレームに乗ってるのは単純に嬉しい。お、やっと話が戻ってきたな(汗

なんというかね、多少なりともロードバイク・ロードレースを聞きかじった程度の半可通でも、語りたくなってしまうんですよ、このマンガはね。
燃える展開が多数用意されているのも実に良い。
その昔、島本和彦先生の『逆境ナイン』を読んで感銘を受けた私は、その後ハマったロードレース観戦と「逆境」を組み合わせてみてはどうか!?と考えた事があるんです。
逆境ナインは野球のマンガで、基本ギャグマンがなんですが、熱いシーンがそこかしこにあるんですよ。野球の試合でピッチャーの主人公、最初の打者にピッチャー返しを食らい、そのまま意識不明に。気が付いたらセンターで寝ている主人公。スコアボードを見るとかなり回が進んでいて、相手との点差はなんと100点以上!。ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ「これが!」「これが!!」「これが!逆境だ!!!」
そこから始まる反撃。間違い無くギャグマンガ。だが、熱い!そんなマンガです。あ、同じタイトルの映画ありますけど、うんこなので是非とも無視して下さい。

そんなこんなで私は『逆境ツール』的な物を考えていた訳ですが、やはり主人公が落車して、気が付いたら「野球で100点差」クラスの逆境に陥っていると。そのクラスというと、やはり最後尾でタイム差もすごい事になってるよな。そこから巻き返そうとするんだけど、前には集団がいて先に進めない!どうしよう!そこで主人公が取った作戦とは……
……みたいなのをボンヤリと脳内で温めていたんですが、あの、えーと。『弱虫ペダル』でやってんじゃん!その展開!! とはいえ、先を越されたーとほほーという気分ではなく、よくぞ妄想の形にすらなっていなかった熱い展開を描いて下さった!と、もう、お礼をしてもしても追い付かないくらいです。あ、あと、渡辺先生がテレパシーを使えるとは思っても見ませんでした!(←それは妄想です

続巻、楽しみに待っております! いやあ、久々に熱いマンガ読んで、連日雨のウサも晴れましたよ。

posted by DrivenSander at 05:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

けいおん!(まんがタイムきらら6月号|まんがタイムきららCarat6月号)/かきふらい

読んだ!(←遅ぇよ

まんがタイムきらら
2011/06
まんがタイムきららCarat
2011/06

(微妙にネタバレを含むため、一応隠しておきます)

ネタバレと楽器のウンチクを読む
posted by DrivenSander at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。