Amazonのオススメ

2012年01月09日

ロンドン旅行に行く前に #4

 ロンドン旅行に行く前に #3からの続き
念のためお断りとして、纏めている情報は平成23年12月25日頃の情報を基にしています。

 イギリスの紹介は大体終わりましたので、旅に持っていくと便利なものを述べます。
・スリッパ
 滞在先のホテルはもちろん、成田とヒースロー間の飛行時間は行きは13時間、帰りは11時間と共に10時間を越えます。
靴だと窮屈だと思いますので、機内持ち込みをお勧めします。

・ポケットティシュ
 あると何かと便利です。飛行機ではトイレにあります。ホテルには常備されていないので重宝すると思います。

・粉末状のスポーツドリンク
 エコノミー症候群の防止として持ち込みました。機内は乾燥していて、貰えるドリンクにはスポーツドリンクは無く、
水は貰えるので、溶かして飲みました。尚、機内には100mmlより大きいペットボトルの持ち込みはできません。


・コンセント変換プラグ
 
 機器の充電などしたい場合に必要です。イギリスでは複数コンセント形状があるそうなので、
BFタイプ以外の場合には違う変換プラグが必要です。このプラグには、電圧変換する機能は無いので、
240V対応機器で無い場合は、変圧機も必要となりますので、ご注意ください。

・延長ケーブル
 ホテルのコンセントは、壁にありテーブルから遠いこともあるのであると便利です。
上記の変換プラグを利用すれば日本の物を使えます。
注意として大抵の延長ケーブルは、"1500Wまで"と記載されていると思います。
これは100Vの時に15Aまで使用可能という意味で、イギリスでは240Vになるので6.25Aまで使用可能になります。
日本の場合でもそうですが、1500Wを超えると延長ケーブは熱くなり、最悪燃えてしまうので、熱くなるようなら使用機材を減らしてください。

・iPhoneやAndroid端末
 あるとグーグルマップを見ながら移動するなど便利です。また、iPhoneを持っている場合は、前に紹介しました路線検索ソフトjourney proやグーグルマップで作成したマップを見れるMy Maps Editorを使うと便利です。
下記画像をクリックすると、iTunesへ飛びます
   

・海外wifiアダプタ
 イギリスでインターネット用にグローバルデータのmifiをレンタルしました。1日当り1280円と手数料500円かかり、
飛行機で移動中の全く使えない分も請求されますが、値段と使い勝手の良さで決めました。
 ホテルにもインターネット設備がありますが、12時間£15/2時間£5と結構割高です。iPhoneのパケット海外定額は1日2980円とあまり安くは無いです。
グローバルデータのmifiでは、iPhone以外にもAndroid携帯・PCでも使えるのと、
観光先でもネットが使えるのでグーグルマップを使用して、巡っていました。
また、レンタル一式にコンセント変換プラグも付いて、先ほどの変換プラグの替わりにもできると思います。
グローバルデータのmifiの欠点としては内臓バッテリが4時間しか持たないことでしょうか。これの回避としてバッテリを持っていきました。
・モバイル用バッテリ
 元々、iPhone充電用に購入したのですが、グローバルデータのmifi で使用しました。内臓+外部バッテリで10時間ぐらい連続使用ができました。
下記リンクのアイテムを持っていきました。


こんな感じで繋ぎます
IMG_0799.JPG

また、海外電圧対応のコンセント接続タイプのUSB供給アダプタも持っていくと便利だと思います。


ロンドン旅行に行く前に #5へ続きます。



posted by teo at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | けいおん 聖地巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。